子育て屋の忘備録

映画のネタバレをメインで投稿しています

トランセンデンス映画のあらすじネタバレあり!意味は?泣ける感想

今回ご紹介するのは
人工知能やテクノロジーの進化がもたらす危険と
人間の持つ「愛」を描いた「トランセンデンス」
トランセンデンス あらすじネタバレ 泣ける

「トランセンデンス」あらすじ(ネタバレあり)

人工知能PINNプロジェクトの研究をしてきた
科学者夫妻のウィルとエヴリン
彼らは人工知能が人間の知性を超える
トランセンデンスの研究をしていました
ある日、イベントでAIと人工知能について演説をしたウィルは
反テクノロジー組織RIFT(リフト)のメンバーに襲撃され
銃で打たれてしまします
RIFTは各地で人工知能の研究をしていた施設を同時 に襲撃
研究者のほとんどが死亡します
幸いにもかすり傷だったウィルでしたが容体は次第に悪化
ウィルを襲った銃弾には大量の放射性物質が含まれており
医者からは5週間以内に死亡すると告知をされます
ウィルを失いたくないと考えたエヴリンは
友人のマックスの力を借りて
ウィルの頭脳をPINNに結合させ
意識をマシンにアップロードさせる事に成功します
しかしマックスはコンピュータとして起動したウィルに危険を感じ
シャットダウンしようとしエヴリンと対立します
その後、RIFTによって拉致されてしまうマックス
エヴリンの場所を突き止めたRIFTは襲撃に向かいますが
すでにマシンはインターネットに接続したあとでした
ネットに広がったウィルは
株のトレードを操作し1日で大金を手にいれ
世界中の監視カメラにアクセスして
テロ組織のアジトを特定してFBIに通報
事態を予測していたRIFTメンバーのブリー達以外は
そのほとんどが壊滅します
ウィルの指示でブライトウッドというさびれた田舎町に向かうエヴリン
株で手に入れた金でその町を丸ごと買取り
地下に巨大なデータセンターを作ります
それから2年後のある日
FBI捜査官のブキャナンとかつての科学者仲間のジョセフが
エヴリンの元を尋ねてきます
2人を歓迎するエヴリン
急速に進化し続けるウィルは
ナノテクノロジーに革命をおこし
生物の復元と回復に成功していました
身体に障害を持つ人達を治す光景に驚愕するジョセフ
ウィルによって救われた人々はナノロボットで肉体は強化され
全員がウィルと接続している状態となっていました
ジョセフは別れ際、「ここから逃げろ」とエヴリンにメッセージを残します
すごい勢いでテクノロジーを進化させていくウィル
ウィルはエヴリンもアップロードしたがり
次第にエヴリンも戸惑いと恐怖を感じます
マシンの危険性を感じたジョセフ達は
RIFTと協力してマシンを止めようと作戦をたてます
そこにはRIFTのメンバーになっていたマックスの姿がありました
作戦は、まずウィルと繋がっている人を捉えて
そこからマシンにハッキングをし
マックスの作るウィルスでプログラムを破壊するという方法です
襲撃によってエヴリンを救い出したマックスは
このままではウィルの意思を持ったナノロボットが
自律増殖しながら気流に乗って全世界に広がって行き
マシンが世界を支配する事になるとエヴリンを説得します
エヴリンは自分の身体にウィルスを注入し
ウィルにアップロードされる事で
そのウィルスでマシンを破壊する方法を提案します
しかし、その方法はエヴリン自身もウィルスによって壊されてしまう方法だったのです
マックスは止めようとしますが
エヴリンは覚悟を決めてウィルのもとに戻ります
そこにはテクノロジーによって自身の身体を作った
ウィル本人の姿がありました
その時、RIFTからの砲撃によってエヴリンが負傷します
負傷したエヴリンを連れて地下に戻ったウィルは
ウィルスが注入されることを知りながらエヴリンと接続します
ウィルスによって破壊されていくナノロボット
ウィルのしてきたことは全て
世界をより良く変えたいと願うエヴリンのためにしてきたことでした
そしてウィルはベッドに横たわるエヴリンに寄り添いながら息を引き取ります
ウィルは最後まで誰を殺すこともありませんでした
その後、ウィルスはネットに繋がっている全世界のシステムを破壊
信号もインターネットもない、世界は大停電にみまわれました
マックスは亡くなったウィルとエヴリンの家を尋ね
ウィルのエブリンに対する愛に思いを馳せるのでした
おしまい
いかがでしたでしょうか
劇中に何度も登場する「人は理解できないものを恐る」というメッセージ
理解できないが故に攻撃をする人間と
ただ妻への愛のために進化を続けたウィル
とても切ないラストシーンに涙があふれます

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top